鎌倉彫教室 鎌陽洞(けんようどう) 塗り工程


鎌倉彫教室 鎌陽洞

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


鎌倉彫教室では若い方からご年配の方まで
年齢層は幅広くおこし頂いております。

塗り工程

塗り工程

三橋式七式塗りの堆紅(ついこう)という塗り工程を例に、
素彫りの状態から完成までをの工程について説明していきます。
(繰り返し部分、裏側の作業は省略しております。)

1、素彫り

素彫りクリックで拡大表示


2、こくそ

こくそクリックで拡大表示

傷、ふしなどを、漆、 木粉、糊、綿を混ぜた、こくそというもので補修します。


3、こくそ彫り

こくそ彫りクリックで拡大表示

こくそが固まったら元の状態になるように彫ります


4、角丸め

角丸めクリックで拡大表示

サンドペーパーをあて、彫りの角を柔らかくします


5、木固め

木固めクリックで拡大表示

生漆を木地に吸わせます。 この行程は2度行います


6、錆付け

錆付けクリックで拡大表示

生漆と,との粉を混ぜた錆というものを付け凸凹を修正します。この工程は2~3回行います。


7、地塗り

地塗りクリックで拡大表示

生漆を塗ります


8、蒔錆

蒔錆クリックで拡大表示

7が乾く前に粉末状の、との粉を蒔き込みます


9、錆研ぎ

錆研ぎクリックで拡大表示

石、ペーパーで錆の部分を研ぎます


10、蒔錆研ぎ

蒔錆研ぎクリックで拡大表示

サンドペーパーをあて肌を作ります


11、中塗り前(下地の仕上げ)

中塗り前クリックで拡大表示

ブラシを彫り際にあてます。


12、赤中塗り

赤中塗りクリックで拡大表示

朱合漆と朱の粉を混ぜたものを塗ります


13、節掃い

節掃いクリックで拡大表示

ペーパーでゴミを取り除きます。12、13の工程を2回繰り返します


14、上塗り(1回目)

上塗りクリックで拡大表示

透明度の高い梨地漆と朱の粉を混ぜたものを塗ります


15、上塗り(2回目)

上塗りクリックで拡大表示


16、炭研ぎ(炭当)

炭研ぎクリックで拡大表示

駿河炭を使い細かい凹凸をとりま


17、艶消し

艶消しクリックで拡大表示

炭粉を水に溶いて、ブラシをかけます


18、斑出し

斑出しクリックで拡大表示

綿布を使い炭粉で研ぎ出します


19、油胴摺り(1回目)

油胴摺りクリックで拡大表示

との粉、油で磨きます


20、摺り漆

摺り漆クリックで拡大表示

漆を摺り込みます


21、油胴摺り (2回目)

油胴摺りクリックで拡大表示

20、21の工程を2、3回繰り返す。


22、仕上げ

仕上げクリックで拡大表示

すすだまを漆でからめ、彫り際の艶を消します


23、 完成

23、 完成クリックで拡大表示